研究室概要

Image

宇宙最初の星や銀河の誕生,それらが放つ光の特性,銀河や銀河団の形成進化,ブラックホールの形成進化と銀河中心核活動,そして星・惑星系形成などについて基礎物理学から理解することを目指しています。研究の特色は,輻射輸送方程式や相対論的輻射流体力学方程式を扱うことにより,物質と光の相互作用を忠実に採入れていることと,多成分多体から成る天体の形成進化においてお互いの重力の相互作用を忠実に採入れていることです。研究手法としては,解析的研究やコンピュータでの演算を始めとして,計算科学研究センターのスーパーコンピュータを利用した大規模数値シミュレーションを用いています。

特集記事

【プレスリリース】冬眠するブラックホール ~銀河衝突がもたらす大質量ブラックホールのエネルギー源の流失~

Image

宇宙には太陽の質量の10万倍を超える大質量ブラックホールがあまねく存在しますが,そのごく一部は落ち込む物質をエネルギー源にして明るく輝き激しく活動しているものの,ほとんどは銀河の中心でひっそりと佇んでいます。こうしたブラックホールの活動と休眠の間の状態変化をつかさどるメカニズムが未解明である中,東京大学情報基盤センターの三木洋平助教,筑波大学計算科学研究センターの森正夫准教授,尾道市立大学経済情報学部/国立天文台の川口俊宏准教授の研究グループは,Oakforest-PACS(オークフォレストパッ...

Image

【プレスリリース】冬眠するブラックホール ~銀河衝突がもたらす大質量ブラックホールのエネルギー源の流失~

宇宙には太陽の質量の10万倍を超える大質量ブラックホールがあまねく存在しますが,そのごく一部は落ち込む物質をエネルギー源にして明るく輝き激しく活動しているものの,ほとんどは銀河の中心でひっそりと佇んでいます。こうしたブラックホールの活動と休眠の間の状態変化をつかさどるメカニズムが未解明である中,東京大学情報基盤センターの三木洋平助教,筑波大学計算科学研究センターの森正夫准教授,尾道市立大学経済情報学部/国立天文台の川口俊宏准教授の研究グループは,Oakforest-PACS(オークフォレストパックス)等のスーパーコンピュータを駆使し,銀河衝突と銀河中心ブラックホールの活動性の謎を世界で初めて明らかにしました。 銀河中心ブラックホールは,これまで銀河衝突により激しく活動すると信じられてきました。衝突によって銀河円盤の物質が中心に落下し,ブラックホールに落ち込むことでその活動にスイッチが入ります。しかし銀河衝突が中心で起こった場合,事態は全く異なります。矢が正鵠を射ぬくがごとく,中心に衝突した銀河がブラックホール周辺のガスを持ち去ってしまい(図),エネルギー源を失ったブラックホールは活動...

image

【プレスリリース】宇宙を飛び交うニュートリノの動きを明らかに ~世界初の6次元シミュレーションに成功~

本研究では,筑波大学と東京大学が新たに開発したブラソフ方程式の高精度計算手法と,国内を代表するスーパーコンピュータを組み合わせることによって,ブラソフ方程式を直接解き,宇...

image

宇宙物理理論・宇宙物理観測合同新歓BBQ

5月3日に宇宙理論・宇宙観測の合同新歓バーベキューを開催しました。 研究室に新たに加わる学類4年生やスタッフの方を含めた理論・観測研究室の 親睦を深める目的で開催され,...

image

第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会「いばらき総文2014」新聞部門インタビュー

2014年7月28日,第38回全国高等学校総合文化祭茨城大会「いばらき総文2014」の新聞部門の方によるインタビューを小松勇さん(博士後期課程3年)が受けました。 ...

全ての記事
image

Computing the Universe: from Intergalactic to Interstellar Medium

This talk will highlight some progress made based on our efforts of computing the uni...

image

Probing dust aggregate structure in protoplanetary disks by millimeter-wave polarization

Dust coagulation in protoplanetary disks is the first step of planetesimal formation...

image

輻射フィードバック下での初代星連星形成シミュレーション

ビッグバン後に宇宙で最初の星が形成するまでの過程を明らかにすることは,現代理論宇宙物理学における大きな目標の一つである。これまで初代星形成についての研究は精力的に進められ...

image

ALMA 望遠鏡で探る超遠方銀河の性質

電波干渉系 ALMA の登場によって、宇宙再電離時代 (宇宙年齢がおそよ2-10億年) にある銀河の研究は新時代を拓いた。サブミリ波帯に赤方偏移した遠赤外の微細構造輝線 ...

全ての記事
image

深層学習を用いた輝線インテンシティマップからの情報分離

宇宙大規模構造の観測によって、宇宙論や銀河形成、宇宙再電離現象などに制限を与えることができる。輝線インテンシティマッピングと呼ばれる比較的新しい観測手法では、輝線や吸収...

image

FUGIN を用いた銀河系内における分子雲探査

銀河において分子ガスは主要構成要素であり,その構造の特性は銀河の進化を考える上でも重要である。特に星の形成母体となる分子雲は分子ガスの特徴的な構造であり,その銀河内におけ...

image

Supermassive star formation via super competitive accretion in slightly metal-enriched clouds

近年の遠方クエーサーサーベイにより z > 6 において,数多くの超大質量ブラックホール (SMBH) が見つかっている。これら SMBH の形成モデルの一つとして...

image

Warm-Hot Intergalactic Medium の重元素の超微細構造線を用いた新しい観測手法

現在の宇宙において,観測的に同定できるバリオンの質量が宇宙マイクロ波背景放射や遠方宇宙での中性水素の吸収線系の観測から見積もられるバリオン質量よりも有意に少ないということ...

全ての記事
image

天体形成研究会2020

この研究会は,広い視点で天体の形成に関わる理論的研究と観測の現状についての情報の共有と意見交換を行う機会を設けるものです。 また,本研究室内で学位論文を控えている学生の...

image

銀河・銀河間ガス研究会2020

8月3−7日の日程で "銀河・銀河間ガス研究会2020" を開催します。 今年度は,昨今のコロナ禍の状況を鑑みてオンラインでの開催となります。 詳しい接続方法等はおって...

image

天体形成研究会2019

この研究会は,広い視点で天体の形成に関わる理論的研究と観測の現状についての情報の共有と意見交換を行う機会を設けるものです。 また,本研究室内で学位論文を控えている学生の...

image

銀河・銀河間ガス研究会2019

8月5−9日の日程で北見工業大学にて "銀河・銀河間ガス研究会2019" を開催します。 本研究会は,理論観測問わず,銀河形成,IGM・CGM,宇宙再電離,巨大ブラック...

全ての記事
Image
詳しく読む

Discrimination of heavy elements originating from Pop III stars in z = 3 intergalactic medium

Image
詳しく読む

Spiral-arm instability - III. Fragmentation of primordial protostellar discs

Image
詳しく読む

The thermal-radiative wind in low-mass X-ray binary H1743-322: radiation hydrodynamic simulations

Image
詳しく読む

First Identification of 10 kpc [C II] 158 \ensuremathμm Halos around Star-forming Galaxies at z = 5─7

Image
詳しく読む

Searching for signs of jet-driven negative feedback in the nearby radio galaxy UGC 05771

Image
詳しく読む

Abundant Refractory Sulfur in Protoplanetary Disks