研究会・ワークショップ

ブラックホールジェット・降着円盤・円盤風研究会 2023

Image

サイエンス・開催趣旨

ブラックホールの存在が確たるものとなった現在でも,降着円盤やジェット,円盤風の構造や物理メカニズムは未解明である。問題を解決するには,EHTやIXPE,XRISM等による超精密観測と最新の理論研究との協働が必要不可欠である。そこで,理論と観測の研究者が最新の成果を共有し,意見交換するための研究会を,本年1月に行った「ブラックホールジェット・降着円盤・円盤風研究会2022」に引き続き開催する。ブラックホールジェット・降着円盤・円盤風を統合的に理解するための共同研究を推進する機会としたい。

このワークショップは,筑波大学計算科学研究センターの主催です。また、科研費基盤A「超大規模計算と超高精度観測で解き明かすブラックホールジェットの駆動機構と多様性」(代表者:大須賀健,21H04488)によってサポートされます。

招待講演

  • 井上 芳幸(大阪大学)
  • 木村 成生(東北大学)
  • 高橋 弘充(広島大学)
  • 森山 小太郎(ゲーテ大学)
  • 井上 芳幸(大阪大学)
  • 木村 成生(東北大学)
  • 高橋 弘充(広島大学)
  • 森山 小太郎(ゲーテ大学)

重要な日付

  1. 2023年 1月 16日(月) :参加登録締め切り
  2. 2023年 3月 1日(水) :ワークショップ初日
  3. 2023年 3月 2日(木) :ワークショップ最終日

参加登録

以下の web form から申し込みください。参加費は無料です。なお,旅費補助に関しましては,財源が限られているためご希望に添えない場合はご容赦ください。申し込み締切:2023年1月16日(月)。

参加登録ウェブページへ

世話人

  • 大須賀 健(筑波大学)
  • 髙橋 博之(駒澤大学)
  • 當真 賢二(東北大学)
  • 秦和 弘(国立天文台)