特集記事

【プレスリリース】「富岳」を用いた宇宙ニュートリノの数値シミュレーションに成功 〜2021年ゴードン・ベル賞ファイナリストに選出〜

吉川 耕司(筑波大学 計算科学研究センター)

田中 賢(京都⼤学 基礎物理学研究所)

吉田 直紀(東京⼤学 カブリ数物連携宇宙機構)


Image

本研究では,ブラソフシミュレーションと呼ばれる全く新しい⼿法を世界で初めて採⽤し,スーパーコンピュータ「富岳」の全システムを⽤いて宇宙⼤規模構造におけるニュートリノの運動に関する⼤規模数値シミュレーションを実⾏することに成功しました。ブラソフシミュレーションは,従来の計算⼿法(N 体シミュレーション)に⽐べて,ノイズのない数値シミュレーションを実⾏することが可能ですが,計算量や必要なメモリ容量がかなり⼤きくなることが問題でした。本研究では,⾰新的な計算アルゴリズムと「富岳」に最適化したコーディング⼿法と並列化⼿法を⽤いて,90%を超える並列化効率を達成し,さらに,富岳の全システムを⽤いた数値シミュレーションによって,計算領域を約 400 兆個ものメッシュに分割した世界最⼤のブラソフシミュレーションを実施することに成功し,N 体シミュレーションによる過去最⼤規模のニュートリノの数値シミュレーションと同等規模の数値シミュレーションに要する時間を約 10 分の1に短縮することができました。なお,本研究論⽂は,スーパーコンピュータを⽤いた科学・技術分野の研究の中で,その年に最も顕著な成果を上げた研究グループに与えられる⽶国計算機学会のゴードン・ベル賞の最終候補(ファイナリスト)に選出されました。ゴードン・ベル賞の最終発表は⽶国ミズーリ州セントルイスのアメリカズセンター及びオンラインで開催される国際会議において,現地時間 11 ⽉ 18 ⽇ 12 時 30 分より⾏われます。

  1. CCS プレスリリース全文
  2. 責任著者: 吉川 耕司