井上壮大のホームページ

研究

これまでの発表歴

国際会議


2022年9月26日-9月30日 The 9th East Asian Numerical Astrophysics Meeting (@ Tenbusu Naha, Okinawa, Japan)
Title : General relativistic radiation-MHD simulations of super-Eddington accretion flows and powerful outflows around neutron stars with dipole magnetic fields(Contributed talk)
coworker : Ohsuga, K.(University of Tsukuba), Takahashi, H. R.(Komazawa University), Asahina, Y.(University of Tsukuba)


2021年1月18-1月20日 Black Hole Astrophysics with VLBI : Multi-Wavelength and Multi-Messenger Era (@ ICRR, University of Tokyo, Japan)
Title : General relativistic radiation-MHD simulations of supercritical accretion flows and outflows around magnetized neutron stars(Poster+talk)
coworker : Ohsuga, K.(University of Tsukuba), Takahashi, H. R.(Komazawa University), Asahina, Y.(University of Tsukuba)


2020年6月29-7月2日 European Astronomical Society Annual Meeting, S9 : Extremes in accretion onto strongly magnetised neutron stars: Observations vs. theory(@Leiden, The Netherlands)
Title : Pulsed fraction of super-critical column accretion flows onto neutron stars: modeling of ultraluminous X-ray pulsars(Contributed talk)
coworker : Ohsuga, K.(University of Tsukuba), Kawashima, T.(NAOJ)


2019年10月16-18日 The cosmos at high energies: exploring extreme physics through novel instrumentation(@Kavli IPMU, Kashiwa, Japan)
Title : Pulsed fraction of super-critical column accretion flows onto neutron stars: modeling of ultraluminous X-ray pulsars(Poster+talk)
coworker : Ohsuga, K.(University of Tsukuba), Kawashima, T.(NAOJ)


日本天文学会


2022年9月13-15日 秋季天文学会年会(@新潟大学)
タイトル : 一般相対論的輻射磁気流体力学シミュレーションによる超高光度X線パルサーのスピンアップレート(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2021年9月13-15日 秋季天文学会年会(@オンライン)
タイトル : 磁化中性子星への超臨界降着によるアウトフロー;駆動機構とその温度について(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2021年3月16-19日 春季天文学会年会(@オンライン)
タイトル : 超臨界磁化中性子星降着流のアウトフロー;構造と起源の磁気圏半径依存性(ポスター+口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2020年9月8-10日 秋季天文学会年会(@オンライン)
タイトル : 超臨界中性子星降着流の降着率依存性および磁場強度依存性の研究(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2020年3月16-19日 春季天文学会(@筑波大学)
タイトル : ULXパルサーの超臨界降着柱モデル;パルスの形状と振幅について(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台)


2019年9月11-13日 秋季天文学会年会(@熊本大学)
タイトル : ULX Pulsarの超臨界降着柱モデル; Pulsed Fractionと磁軸、見込み角の関係(ポスター+口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台)


2019年3月14-17日 春季天文学会年会(@法政大学)
タイトル : 中性子星への超臨界降着柱モデルによる超高光度X線源のX線パルス計算(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台)


理論懇シンポジウム


2022年12月21-23日 理論懇シンポジウム(@コラッセふくしま, 福島県)
タイトル : 一般相対論的輻射時期流体力学シミュレーションによる超高光度X線パルサーのスピンアップレート (ポスター)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒沢大), 朝比奈雄太(筑波大)


2020年12月23-25日 理論懇シンポジウム(@オンライン)
タイトル : 超臨界中性子星降着流の一般相対論的輻射磁気流体力学シミュレーション 〜アウトフローの磁気圏半径依存性について〜 (ポスター)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒沢大), 朝比奈雄太(筑波大)


2019年12月25-27日 理論懇シンポジウム(@国立天文台)
タイトル : Calculation for super-critical column accretion flows onto neutron stars : Modeling of ultraluminous X-ray pulsars (ポスター)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台), 高橋博之(駒沢大), 朝比奈雄太(筑波大)


その他の国内発表


2022年11月21-22日 高エネルギー現象で探る宇宙の多様性Ⅱ(@東京大学宇宙線研究所)
タイトル :磁化中性子星への超臨界降着流およびアウトフローの一般相対論的輻射磁気流体力学計算(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2022年1月24-25日  ブラックホールジェット・降着円盤・円盤風研究会2022(@オンライン)
タイトル :磁化中性子星への超臨界降着流によるアウトフローについて(ポスター+口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2021年8月10-12日  第4回 ~中性子星の観測と理論~研究活性化ワークショップ 2021(@オンライン)
タイトル :磁化中性子星への超臨界降着流によるアウトフロー;駆動機構とその温度について(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)、川島朋尚(国立天文台)


2021年3月4-5日  第4回 FORCE 研究会:「多波長・時間軸天文学の時代のFORCE 〜広帯域X線で迫るコンパクト天体の世界〜」(@名古屋大学)
タイトル :一般相対論的輻射磁気流体計算によるULXパルサーの構造の解明;アウトフローの構造と起源について(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 高橋博之(駒澤大)、朝比奈雄太(筑波大)


2019年8月19-23日  サマースクール「コンパクト天体基礎講座」(@まなびの館 ローズコム)
タイトル :中性子星への超臨界降着柱モデルによる超高光度X線源のX線パルス計算(ポスター)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台)


2019年7月30-8月2日  天文・天体物理 若手夏の学校(@ロワジールホテル豊橋)
タイトル :中性子星への超臨界降着柱モデルによる超高光度X線源のX線パルス計算(口頭)
共同研究者 : 大須賀健(筑波大), 川島朋尚(国立天文台)