学生のみなさんへ

筑波大学宇宙理論研究室の特徴のひとつが、 多様な研究テーマを扱っていることです。 その中で、大須賀グループでは主にブラックホールに関連する研究を行っています。 ブラックホールが作り出す超強重力場中での高エネルギー現象を解明するため、 コンピュータ・シミュレーションを駆使した理論研究を展開しています。

当グループでは、卒研生、大学院生、研究員として研究することが可能です。 なお、大学院生として研究するにあたり、それまでの所属や専門分野は問いません。 熱意のある方を広く募集しています。 研究室訪問をご希望の方はメール(ohsuga[at]ccs.tsukuba.ac.jp)でご連絡お願いいたします。オンラインも対応しています。

★ 卒研生:
筑波大学理工学群物理学類の方は、 卒業研究の配属研究室として 宇宙理論研究室を選択して下さい。 宇宙理論研究室では約10名の卒研生を受け入れています。 卒業研究では、宇宙物理学に関する基礎的な研究テーマについて取り組みます。 必要となる基礎知識は、宇宙物理学基礎セミナーで習得します。

★ 大学院生(博士前期/後期課程):
筑波大学大学院 理工情報生命学術院 数理物質科学研究群 物理学学位プログラムの大学院生を受け入れています。 推薦入学試験(7月頃)もしくは一般入学試験(8月頃/2月頃)を受験して下さい。 過去の所属や専門分野は関係ありません。他大学出身の方も歓迎します。 各種セミナーや研究室コロキウムで専門知識を習得しつつ、 ブラックホールに関連する研究テーマに取り組みます。 特に博士後期課程では最先端の研究を実施します。 研究成果は国内外の学会や論文で発表します。 なお、大学院生はティーチングアシスタントやリサーチアシスタントを通じて金銭的サポートが受けられます。 博士後期課程では、日本学術振興会特別研究員や筑波大学のフェローシップがあり、 多くの学生が生活費相当のサポートを受けています。

★ 研究員:
主に学術振興会特別研究員計算科学研究センター所属の研究員を受け入れています。

ページトップへ

MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Ken OHSUGA